2015/10/31

僕の存在定義とは何なんだろう?

この疑問は、ブログを書いていて、何度も浮かんだ疑問だ。

なかなかぴったりくる定義付けが出来ていない。

外に出ているから、「ひきこもり」ではないとも言えるし、そうかも知れない。

でも正直言って、積極的に出掛けているわけでもない。

遊びに行く友達がいるわけでもない。

家族以外の会話なんて皆無だ。

ひきこもっていたい心境もあるが、やはりこの生活状態を変化させたいと願っている所もある。

だからこそ、用も無いのになるべく出掛けるようにしている(結構な努力がいるんだよ。人目も気になるよ…)。

そういう意味では、「半ひきこもり」か「元ひきこもり」か「ひきこもり気味」になるのだろうか?

そんなに細かく定義が必要なのかな…。

ん〜、よく分からない。

また少しでも、勉強したり家事を手伝っていれば、「ニート」にはならないそうだ。

僕も週一回ちょっと農作業を習ったり、家事を手伝ったりしているので、ニートでも無いようだ。

勉強ちょっとでもしていたら、ニートじゃあないなら、周りが認めなくても、「人生について勉強中です」と答えたら、「君は哲学者だからニートじゃあないね」って社会が認めてくれるのだろうか。

それで認めてもらえるなら、「ニート」なんて言葉は最初から存在してないと思う。

「ニート」って言葉自体が、最初からふぁっとした定義だよ。

でもいい歳した男が、「哲学者」ですとか「家事手伝い」ですなんて言えないよ…そんな気楽な社会なら、今悩んでないし…。

そして、人によっては僕の状態はうつでも無いそうだ。

じゃあ何で毎日、原因不明の無気力感や、死にたい心境になるの?

毎日死にたい心境になるなんて、普通じゃあないと思うけど…。

このブログだってtwitterだって、何の意味があるかは分からないけど、必死で書いていますよ。

人によっては完成度が低くて、誤字も脱字もあるだろうけど。

毎日、不安定な状態で、ココロの中を文書化するのは並大抵な事ではない。

こんなのはハッキリ言って、経験した人にしか分かるわけがない。

でも、「無職」っていうのも何かしっくりこないんですよね。

無職は無職なんだけど…。

ひきこもりでも無い、ニートでも無い、うつでも無いとしたら、新しい造語が必要だよ。

結局、全ての部分に「気味」って付ければ良いのかなぁ。

ひきこもり気味でニート気味でうつっぽい無職さんです(こんな感じで良いのか?)。

まぁ、良いと言えば良いよね。

全部を「気味」と「ぽい」で表現すれば。

定義や状態でも、自分に所属が無いと思うと人は不安な気持ちになるものだと感じた日でした。

あ〜、感じるってしんどいよ。

↓今の心象風景。所属出来る場所が無い…ぽつん。
image





\支援のポチッとをよろしくね/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【↑ブログ村ランキングに参加してます】