2016-03-13-13-57-54





3月11日病院に行った。全然行きたくなかった。けど、なんだかんだ言っても、薬が切れてしまうと調子が悪くなってしまうので、イヤイヤ行ってきました。

ほんとに薬は計画的にもらいましょう。

前にも書きましたが、薬を漢方系にしてるので、近くに病院が無いのです。電車に乗らないと行けないから、薬がギリギリになりがちです。

普通のメンタルクリニックなら自転車で行けるんですけどね。しかも薬をたくさんくれます…(イヤイヤたくさんいらんから)。

それにしても、家族以外で会話をするのは、その漢方の先生と畑の師匠ぐらいですね。正にこれを、"ひきこもり"状態いって言うんでしょうね。


「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」

時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める
- 厚生労働省


wikipediaより



早く終わるはずが


ちょっと雨が降っていて寒かったので、空いていると予想して行きました。

どっちにしても、薬がギリギリだったので、この日に行かなければならなかったのですが。

まあ行くのがイヤだったので、勢いづけに、「今日は空いてるはずだ!」と思い込んで行ったんですね。

でも結果は、がっちり2時間以上も待ちました…。

ここの病院は先生がいい人で、患者の話をよく聞いてくれるのですが、たまに1人で20分以上かかる人がいて、そういう人が連続するとものすごく待ち時間が長くなってしまうのです(泣)



翌日疲れ果てる


次の日(12日)起きたら、なんかだるい&喉が少し痛くなる。

病院もそうだけど、電車の中でも咳をしている人が結構いて、「また違う風邪をもらってしまったのか…」と朝からイヤな感じがしてました。

人が多いところに行って、普通に疲れたと言う説もありますが。どんだけ虚弱体質なんだよ…。

前回のこともあるので、家でじっとしてました。



でもね、罪悪感がね


体調が悪くなりそうだから、じっとしていた方がいいんだけど、ひきこもりなりにも、一応人生を前向きにするための日課みたいなものがありまして。

このブログも一応その一つです。あんまり日課になってないけど…(汗)

そんな感じなので、大した事やってなくても、完全にじっとしていると罪悪感が出てきてこころが辛くなってしまうのです。

でもしょうがないんだけどさ…。



最後に


そんな感じで、ここ数日は雨続きも手伝って、マンガをひたすら読んだり、ぼーっとリラックス出来る音楽(環境系?)を聞いていました。

マンガは畑師匠の家に、お子さんが置いていったものがあって、「読みたいものがあったら読んでもいいよ」ということで、借りてたのを読んでいました。

2016-02-16-15-42-11


仕方なしとは言え、こんな日々を送っていると、「自分は人生が終わってるな」と感じていました。なんでこんなに、カラダとメンタルが弱っているんだと…。

外に出るとみんなまともに見えて、なんで僕はこんな状態で生きているんだと。そんなことを強烈に感じてしまいます。

外の人達が輝いて見えるんだよね(まあ実態は分からないけどさ)。

でも、自分はひたすら家にひきこもってマンガを読んでいるだけ。

どうにもならないカラダとどうにもならないメンタル。ほんとに情けないし、イライラしてしまうよ。






\支援のポチッとをよろしくね/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【↑ブログ村ランキングに参加してます】