母がかぜで倒れてしまった。

急に調子が悪くなったみたいで、いきなり動けなくなったみたいでした。

昼は普通に食事したり、TV見たりしてたんだけどね。

そこで一家に一人いると便利な説もある、ひきこもり君に「かぜ薬買ってきて」と白羽の矢が立ったのでした。

しかし僕としては、夕方だし、リラックスタイムに入りながら、日課の読書をしていたので、面倒くささマックスでした。





しかもこの日はとても寒かった…。

そもそもひきこもりなんで、外出に抵抗感があるわけですが…。

でも一方で、親とはいろいろな感情(葛藤)がありながらも、親にはかわりがないわけで、体調を思いやる気持ちもあるのです。

そう考えると、親子って不思議な関係性があったりしますね。

関係が近いからこそムカつくし、近いからこそ一番大事に思っていたりする。

まあ、そんな話はとりあえずどうでもいいんだけど、薬を買いにお近くのドラックストアーに行ったのでした。


いろいろ迷う薬選び



僕は世の中のかぜ薬は信じていない。

どれも効かないと思っている。

そもそも全般的に、市販薬をあんまり信じてない。

だからどれでもよかったのですが、「やっぱりパブロンかなぁ」とか思ってたら、薬剤師の人が話しかけてきました。

「ひきこもりに話しかけてくるなよ!」と心の中で思ってたけど、自分も何が一番効果があるのかわからないので、とりあえずプロのセールストークに耳を傾けてみました。

すると、パブロンはもう古いから、こっちの新しい改良版の薬が良いですよと勧められました。

まあ、勧められたのはプライベートブランドの商品だったけどね(笑)

勧められたのが、プライベートブランドだったのはちょっと気になる点(利益率が高い商品勧めただけでは?)はあったけど、薬剤師さんの理論もちゃんとしていたので、この薬を買いました。

もうちょっと、いろいろ説明されて、めんどくさくなった説もあるけどね…。




あとプラス、栄養ドリンクも入手。

勧め上手な、セールスのできる薬剤師さんもいるもんですね。

帰ってから、白湯を作って(我ながら気が効くなぁw)薬を飲ませました。






そこでさらに気が効くニャン氏さん(自分で言うか)カラダがしんどそうだったので、「お弁当でも買ってこようか?」と提案。

今度はお近くの【ほっともっと】に行くことになりました…。


次回につづく



ちょっと【ほっともっと】に行って感じたこと書くと、日記が長くなちゃうので、今回はここまで。

明日、【ほっともっと】編をアップします。

また明日。じゃあね。





\支援のポチッとをよろしくね/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【↑ブログ村ランキングに参加してます】