こんな生活をしていても、一応は脱ひきこもりを目指しているので、一週間に一回はなるべく人の多いショッピングモールなどをぶらぶらしています(想像しただけでもイヤですか?)。

一週間に一回出来てない時もよくあるけど、まあ努力目標みたいなもんですよ。

なぜそんな行動が、脱ひきこもりに効果があるかって?

本日は、そこら辺を記録してみたいと思います。


長期化するほどに…



ひきこもり歴が長くなればなるほどに、どうしても現実世界からはかけ離れてしまうものです。

世間の感覚からどんどんズレてしまうのです。

そのズレをちょっとでも自分で修正(自己療養)するために、人や物が多い場所に行くのです。

はっきり言って、行くのは辛い時が多いです。

でも、習慣で慣れれば、なんとかなるところもあったりします。

なんでも慣れるための"トレーニング"が大事だったりします。

耐えなきゃならない瞬間もあるのです。

移動の仕方






だいたい大きなショッピングモールは近くには無いので、車で行くことがパターンとしては多いです。

これもトレーニングで、車に乗り慣れるということも意識的にやってます。

ずっと乗らないと、乗り方を忘れちゃうんだよね。

たまに乗ってたりすると、大したストレスも無く運転ができます。

人間何でも習慣が大事だよね。

良い習慣性が、良い人生を作る説!

また、最近はたまには電車に乗って、大きめな街に行くこともあります。

こっちの方が、人も物も多いので、より刺激(強度なトレーニング)になったりします。

と言っても、片道が限界30分未満の場所に限りますけどね。

そんなに遠くには行く気がしないよ…。

電車代だって掛かるしさ。

電車だって、乗り慣れることが大事なのです。

昔は普通に乗れてたのになぁ…はぁ…。

目的地に着いたからと言って、何もするわけでもない









やっぱり落ち着くモール内のブックオフ(笑)

ブックオフはひきこもりの溜まり場か!

こんなところで癒されてる場合じゃない。

刺激を求めてトレーニングに来たんだよ!



ショッピングモールに来たからといって、なにをするわけでもなく、小一時間くらいぶらぶらするだけです。

歩いてる人を見たり、お店の商品を見たりするだけです。

基本的にはぶらぶらするだけで、お金もあまり無いので見てるだけです。

でも、そこでいろいろな人や物を見ていると、けっこう悲しい気分になる時があります。

「みんな僕くらいの年代になると、ちゃんと家族を持ってしっかり生きてるなぁ」とか「ちゃんといきいきと働いてるなぁ」とか「欲しいけど買えないなぁ」とかよく思います。

ショッピングモールだから、家族連れが多い説はありますが…。

まあ、そういう刺激(不満感)が辛くてもトレーニングになるし、大事なんだと思います…。

さいごに



この刺激をいい感じに使って、現状打破につながれは良いのですが。

まあそうは言っても、日々は基本的には辛い心境だけどね…。

しかし、これからも、脱ひきこもりへのショッピングモールでの修行は続くのでした。

それではまたね。







\支援のポチッとをよろしくね/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【↑ブログ村ランキングに参加してます】