どう〜も、普段は家にひきこもってゲームやアニメ、ネット漬けの生活を送っておりますリアル西條拓巳ふひひ、ニャン氏です。

またしても川口に降り立ってしまいましたw

今回は謎めいたイベント、「ゲームレジェンド」のご紹介です。

まず、ゲームレジェンドとは何なのか?

各種レトロゲームや新作でもマイナーなゲーム、日本では知名度の低いゲーム、インディーズレーベルのソフトなど.を題材とした同人誌中心の即売会です。



公式サイトより引用:イベント概要


公式サイト▶︎ ゲームレジェンドトップページ

つまり分かりやすく言うと、ゲームに特化したコミケ(コミックマーケット)ですね。

"コミケ"が謎だと言う人は自分で調べてみてね。

前からウワサは聞いていたけど、どこで開催してるかもよく分からないし、そもそも調べる気もなかったから、そんなに食いついてもいませんでした。

だってコミケとか行ったことなかったし。

でも前回、珍しくどうしても欲しい同人誌があって(Twitterで存在を知った)、調べてみたら「川口」で開催してることが判明したのでした。

てっきりコミケが幕張などで開催されているので、ゲームレジェンドもそこらへんで開催してるイメージがありました。

でも実際は「川口」じゃん。

近くはないけど、行ける範囲じゃん(知らんがな!)。

しかしですね、前回はどうしても欲しい同人誌があったにも関わらず、体調が悪くて行けなかったのです(一説には単純に忘れてたという話も…)。

で、結局はどうしても欲しい同人誌は、ネット通販での激戦を制し、ネット購入することになったのでした。

このイベントはイヤな予感がするぜ



そんなことがあったので、今回はリベンジで参加して来ました。

やっぱレトロゲームファンとしては、一度は行ってみたかったんですね。

しかしですよ、このイベント、やっぱり普段ひきこもってる人が行くには難易度が高いものでした…。

なぜかと言うと、こういうイベントはですね、行って初めて理解したのですが、楽しみ方のウエイトに、ファン同士の交流がかなりの割合で占めているからなのです。

これはメンタル弱ってるコミュ障には無理やん(°_°)

まぁ家でイベントに行くか行かないか迷ってる時点で、イヤな予感はしてたんだけどね。

だってさ、折りたたみの事務机の上に展示なり商品を並べてるわけでしょう。

て、ことはさ、かなりの勢いで対面販売だよね…。

だからね、いろんな想像が頭の中でぐるぐるして、電車に乗ってる時は、ずっと緊張感とソワソワが止まらなかったわ(−_−;)

「これは、僕みたいなタイプにはヤバいイベントかも知れない」

「なんかもう、帰りたいかも…」

「イヤイヤ、ここまで来てるのに帰るとか無いわ」とか、ココロの中で激しく葛藤していたのでした。

会場の場所



まぁそんな僕のココロの葛藤は置いといて、どんな雰囲気だったかや、会場の場所などをご紹介。

川口駅


川口 中央図書館


今回の会場は「川口市市民ホールフレンディア」の4階でした。

「無印良品」の近くにあります。

川口市市民ホールフレンディア


特にゲームレジェンド開催中などの看板無し(分かりづらいよ…)。

川口市市民ホールフレンディア


エスカレーターで4階へGO!

会場へ潜入



入場料は基本的にはありません。

基本料は無料です(スマホゲーみたいやな)。

ただし、入り口で300円のパンフが売られてるので、イベントを支援したい人は購入すると良いと思われます。

でも全然、強制するような雰囲気は無いので、僕もスーと無料で入場しましたw

そして会場はスゴい熱気でした。

人、人、人で圧倒されました。

僕はガチ勢ではないので、空いていると思ったイベント終わり頃に潜入を試みたにも関わらず…。

終わりまじかでこんなに人がいるんじゃあ、午前中はどうなってたんだろうか…。

考えただけでも恐ろしや((((;゚Д゚)))))))

かわいいグッツがいろいろあったぞい



会場ではサークルや個人が、展示やゲームグッズの販売などをしていました。

会場の雰囲気などを写真でご紹介したかったのですが、このイベントは基本的に撮影はNGとのことで…(残念だ)。

ただ、撮影の許可をもらえば作品を撮っても良いとのことでした。

全部ご紹介したいくらいにいろいろ面白いグッズや展示があったのですが、いかんせん人が多くて撮影困難でした。

そもそも許可取るとか僕にとって難易度Sクラスだろ〜(涙)

それでも何とかちょっとは撮らないと、ブログにならんということで、人が途切れたすき間を狙って撮影させてもらいました。

ヨッシーアイランド バッチ


ヨッシーアイランドのグッズがかわいかった。

ゲームレジェンド27


たけしの挑戦状あたりのチョイスがシブいw

90sメモリカセット


これは最近発売した、「スーパーファミコンミニ」の上に置くカセット型のオブジェ。

目の付け所がマニア過ぎるw

90sメモリカセットシール


シールもセットだった。

ここは前回スゴく欲しかった「ウィザードリィ」本を出してるサークルさん。

ゲームレジェンド27


「ウィザードリィの深淵」はウィザードリィファン以外が読んでも面白い本です。

初期のネットや家庭用ゲームの黎明期なども知れ、当時の雰囲気が感じ取れる貴重な一冊だと思います。

もちろんウィザードリィファンは必読の書ですよ。

まだ通販で売ってる場合もあるので是非。

COMIC ZIN 通信販売/ ウィザードリィの深淵 -FC版WIZの30年-

展示物も面白かったぞい



展示だけのサークルは、何だか作品発表みたいな感じでした。

雰囲気は学園祭的でした。

祭りだ祭り!

これはゲーム筐体のミニチュア。

ゲームレジェンド27


15㎝くらいだったかな(もう少し小さかったかも謎)。

画面も実際に動いてましたW(`0`)W

再現度が高過ぎる。

製作者のTwitterがありましたので、動画をご覧ください。



これは説明してもらったのですが、僕レベルではちょっと分かりませんでしたw

ゲームレジェンド27


こういう展示も結構あった。

真のゲームファンて感じで良かった。

こちらはゲームウォッチなどが体験させてもらえる展示。

こちらのサークルさんは何を意図して展示してたのかは謎でしたが(交流して聞けよ)、いろいろ触らせてもらいました。

任天堂VR


出ました、元祖ニンテンドーVRw

「バーチャルボーイ」て商品ですね。

実はこの商品、ニャン氏は昔し持っていましたw

もう売っちゃて持って無いけどね。

久しぶりに動かせて、何かちょっと感動したわ。

LUPINゲーム


こちらはトミー製のVR。

トミー宇宙壮絶戦車戦3D


覗きながらするゲームウォッチです。

こんな商品あったんだね。

知らなかったよ。

これ以外にも、ゲーム部屋なるものがあって、腕に覚えがある人たちが華麗なる技を繰り出してみんなで盛り上がっていました(ここはさすがに人が多くて撮影不可能)。

あとゲームキャラのコスプレイヤーさんもたくさんいました。

かわいいレイヤーさんの写真が載せられたら良かったんですけどね。

さすがに僕では撮影出来ませんでした。

すいません!

それとファミコン芸人のフジタさんと、ピョコタン先生もブースを出してました。

毎年恒例のことらしい。

さいごに



文書はダラダラと長いですが、イベント滞在時間は40分ほどでした。

もうね、それ以上は無理!

これは一人で行くには厳しいイベントでした。

仲間となる人でパーティーを組んで行ってくださいね。

もちろん会場で旅の仲間を作れるレベルの高い人は問題ありませんよ。

まぁそれが本来のオタクと言うものだしね。

だってオタクの語源が、「おたくどこから来たの?」らしいので。

だから本物のオタクは、コミュニケーション能力が高いんだわな。

しかし、ホント我ながらよく一人で行ったよ( ;∀;)

だから、帰りの電車では"ぐったり"してました。

もう駅に着いたら、速攻スーパーに寄って癒しのジュースとポテチを買い、速攻お風呂に入り、速攻癒しのジュースを開けました。

そして楽なイスに座って、楽な格好をし、癒しのジュースを飲み、YouTubeをダラダラ見ました。

2017-11-12-18-24-10


やっぱり自分には、このスタイルの方が馴染んでしまうのでしたって、これじゃあ前と同じオチじゃねぇか!

まぁ「ゲームレジェンド」は、真のゲームファンなら一度は行って欲しいイベントでした。

それではまたね。

フジフジ👋





\支援のポチッとをよろしくね/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【↑ブログ村ランキングに参加してます】